プログラミング教育、プログラミング講座に関してFAQをご用意しました。ご検討の参考にしてください。

幼児にプログラミングなんてできるの?

「幼児にプログラミングなんてできるの?」「プログラミングをやるのは早すぎない?」と思われる方がいらっしゃいます。

例えば、幼児の発達において手触りのあるもので遊ばせるべきだという方は多いと思います。

子供と大人が積み木をして遊んでいる写真

なぜ手触りの遊びがいいのかというと、積み木遊びのような手触りの遊びの場合、これをやることによって物理の世界に関する直感力が遊びながらに身につくと言われているからです。

それに対し、「プログラミング」を学ぶと、情報の世界に関する直感力が身につくと考えられています。

今や世の中は「情報社会」「コンピュータ社会」です。この傾向は今後ますます強くなり、今の子供たちにとってこれを避けては通れません。

コンピュータ社会に対応するのにプログラミング教育が必要というイメージ写真

では、どうしたらよいのか。

それは幼児向けに開発された「プログラミング言語」を使って楽しみながら、情報の世界を直感で身につけることが大事だということです。

致命的なのはコンピュータについて学習しているときに「自分はコンピュータには向いていない」と思ってしまうことです。レベルの差はあるけれども向いていないという人はほとんどいません。「自分はコンピュータに向いていない」と思ってしまうのは、教え方とかツール(教材、道具)が問題だったからです。
よつばのクローバーで使用するプログラミング言語は、幼児でも理解できるように単純化、ビジュアル化されたものなので、すんなり入ってくことができます。
子供たちは「知らず知らずのうちに(ここが大事です)」情報の世界を直感で身につけることができます。

小さな頃に身につけた直感力は、その後のすべての経験に影響を与え、一生の財産となるはずです。

プログラミングが必要な理由は何ですか?

「プログラミングって必要なの?」「将来プログラマーになるわけではないので必要ない」という方がいらっしゃいますが、ここで誤解していけないことは「プログラミング」は”プログラミング言語”を覚えることではありません。
プログラミングが必要なのか疑問な母親の写真

プログラミングを通じて「プログラミング的思考力」を学びます。この考え方が非常に大事です。

「プログラミング的思考力」を学ぶことによって社会で生き抜く力(知恵)がついてきます。

例えばプログラミング言語を使ってゲームを作ったとします。ところが、そのゲームがなかなか思うように動かない。そこで、「ここが原因かな」「ここを変えてみよう」などの試行錯誤を繰り返します。その思考過程が「プログラミング的思考力」というものの一つになります。

この「試行錯誤」を繰り返し鍛えることで、生きる力をつけていきます。

ゲームに夢中になりそうで怖い!

親子でプログラミングをしている写真
「ゲームに夢中になりそうで怖い」「ゲームばかりして勉強をしないのでは」という方もいらっしゃいます。

これについては、皆様にプログラミングを体験していただきたいと考えています。

我々、大人が子供のころはプログラミングに触れる機会もなく、どういうものかを正確に知りません。ですから、一度体験してみてくださいとお勧めしています。

体験することで単にゲームをやっているのとは全く違うものだと理解していただけるのではないでしょうか。

さらに、子供と一緒に取り組むことで、子供の反応を確かめてください。子供が健全に育っていると確信できるはずです。

プログラミング言語
ご利用料金
お問い合わせ