プログラミング学習を通じて次のような能力を育むことを目指します。

  1. 創造力、発想力:同じ動きをするプログラムでも、その制作方法は千差万別です。様々なプログラムが出来上がることで子供の創造力、発想力を育みます
  2. 論理的思考力:与えられた命題に対して論理的にプログラムする必要がありますので論理的思考力が育まれます。
  3. 問題解決力:プログラムが思い通りに動かなかったときに、どのように解決するか考える必要がでてきますので自然と問題解決能力が高まります。

つまり「プログラミング」は作品を作り上げるプロセスの中で、社会で活躍するために、本当に必要な力を総合的に育むことができる素晴らしいツールです。

 

成功体験を積み上げます

どんな仕事でも同じですが、小さなことをコツコツ積み上げていける能力はとても大切です。

しかし、どうすれば根気のある子に育てればよいかというのはなかなか難しいものです。

例えば、最初は小さな成功体験をさせて、そこから努力に対する信頼感を積み上げていくのがよいでしょう。

プログラミングによる制作活動は、小さな成功体験を積み上げるように上手に設計されています。

もちろん他の方法でもできるかもしれませんが、教育ツールとして重要なのは、そのツールがいかに理解しやすく単純化、ビジュアル化されているかということです。

プログラミングは非常に理解しやすく単純化、ビジュアル化されていて、学習していく過程の中で一人一人に合わせ、その階段の段差を少しづつ高くしていくことが可能です。

この成功体験の積み重ねによって大きな壁も乗り越えられるようになっていけば素晴らしいことではないでしょうか。

脳若ステーション茨城(水戸)のロゴです

KJライブリーサポート株式会社のロゴです

脳若ステーション茨城(水戸)のロゴです

水戸介護コンサルティングのロゴです